酒井忠和
公益財団法人雲浜奨学会
理事長
酒井忠和

講正学舎の発足は明治33年(1900年)で、本年11月に創設120周年を迎えます。新宿区矢来町、武蔵野市吉祥寺北町、そして現在の世田谷区松原と長年に亘り男子学生対象の寮として運営を続けてきましたが、2年前に初めて女子の入舎を実現しました(4階に女子フロア新設、6名の女子学生の皆さんが入居中)。

更に現在120周年記念事業として、3階を女子フロアに改修する工事を進めています。施工会社は前回と同じ伊藤忠アーバンコミュニティ(株)様にお願いしました。

講正学舎はマンション形式であること、男子階と女子階を有することが他の学生寮と大きく異なります。講正学舎で学生生活をスタートさせたいとお考えの皆さんを、心からお待ちしています。

令和2年9月